林 千絵 作品「銀の舟」*額装品

55,000円(内税)

在庫状況 在庫 1

購入数

林 千絵 作品「銀の舟」*額装品

イメージサイズ:195×210mm
額外寸    :322×322mm
技法:水彩・パステル・色鉛筆
制作年:2020年

*額装込みの価格です。
*作品のお届けは2020年10月8日以降です。

遠国のしるべ
オーガフミヒロ・林千絵 展
2020年9月22日(火・祝)〜10月3日(土)
http://www.yart-gallery.co.jp/top.html

都(畿内)から遠くはなれた、むかしへんぴな国と言われた、遠国(おんごく)の民俗や民話に興味をもっている、ふたりの作家がいる。
このたび互いにおんごくの民話や風俗におもいをよせ、夢と現実のはざまに思い浮かぶ様々な記憶をたぐりよせて作品を制作しました。作品からは自然・人間・動物たちの多様性と普遍性とともに、この空の下で共に生きることにたいする時代を飛び越えた問いかけが聞こえてくるようです。

林 千絵 Chie Hayashi 作家略歴

木口木版を中心に水彩画など2007年より制作発表。
小説や詩など文学に触発された作品が多数あります。
現実と夢の狭間に浮かぶ遠い記憶をたぐり寄せて作品にしています。

1991年 桑沢デザイン研究所中退
2009年 日本版画協会展入選
2010年 少女幻想/渋谷Bunkamura Gallery
2011年 高知国際版画トリエンナーレ入選
個展/ポルトリブレ(東京)
2012年 個展/「私の好きな日本文学」/啓祐堂ギャラリー(東京)
2013年・2014年  個展/ギャラリー歩歩琳堂(神戸)
2014年 個展/柴田悦子画廊
2015年 10,11月の2ヶ月間韓国のアーティスト・イン・レジデンスへ参加
2016年 個展 Fantasia&Nostalgia /ガレリア青猫
2017年  Art Revolution Taipei (台北)に参加
     林 千絵 個展 / ワイアートギャラリー(大阪)
2019年 藍峯舍発刊 「猫街」に17点の木口木版画による挿絵制作
    「猫街」出版記念 林 千絵 アートクロニクル展 個展 / ワイアートギャラリー(大阪)
2020年 共鳴する刻[しるし]―木口木版画の現在地/CCGA現代グラフィックアートセンター(福島)

その他 グループ展、美術館企画展など多数参加

レビューはありません。