庄 漫
ZHUANG Man


1972年上海生まれ。
2000年来日、2006年文化学園大学造形学部卒業、
2009年ソウルSPACE国際版画ビエンナーレ買上賞、
PREMIO ACQUI国際版画ビエンナーレ(イタリア)一等賞、
2015 Primo Premio Exlibris Grafica Italiana(イタリア) 1等賞など。
国際蔵書票ビエンナーレ、中国国際美術展、韓日交流展、
マカオ国際版画トリエンナーレ他に出品。
2008年より個展、グループ展を日本その他で多数開催。

・創作のテーマについて
静物、室内空間、中国の故郷の風景、日本の自然と心の風景など。見えても捉えられない木漏れ日、 そよ風、行雲流水、自然の表情など、シンプルですが無限の変化を秘めていて、時間の移ろいや 自然に触れるときの感動を版に刻みたい。
西洋発祥のメゾチント技法を東洋の水墨画の感性に融合 させることを、これから追求してゆきたいと思います。

・技法について
主にメゾチントだけを用いてテーマにあわせ様々な表現を模索しています。
モノクロの静物作品では メゾチントの基本ともいえる漆黒なる神秘さ、豊かな中間諧調を描きます。
室内空間の作品では グラデーションを生かし、具象的なモチーフの背景に流れる柔らかい光と空間を引き立たせます。
また、水墨画の表現を実現するため、三版、一版多色、手彩色など色彩にもチャレンジし、種々の雁皮紙 を試し、彫り方を工夫して、絵の内容に合わせて技法などを変化させつつ試行錯誤を続けています。

庄 漫

8商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
8商品 1-8表示
  • <
  • 1
  • >
8商品 1-8表示
  • < Prev
  • Next >