駒井哲郎 銅版画 蟻のいる顔/詩・丸山薫より 「フロントピース」サイン入り額装品

80,000円(内税)

在庫状況 在庫 1

購入数
日本を代表する銅版画作家 駒井哲郎 の作品
蟻のいる顔/詩・丸山薫より フロントピース

イメージサイズ:18×15cm
額外寸 :44×36.4cm
制作年:1973年
技法 :エッチング
エディション:93/235
作家直筆サイン入り


駒井哲郎 Tetsuro Komai
略歴
1920年 東京日本橋に生まれる。
1935年 西田武雄主宰「日本エッチング研究所」にて銅版画技法を学ぶ。
1942年 東京美術学校西洋画科卒業。
1947年 恩地孝四郎主宰の「一木会」の同人になる。
1953年 資生堂ギャラリーで初個展。関野準一郎、浜口陽三らと日本銅版画協会結成。
1954年 パリ留学、長谷川潔を訪ねる。
1957年 第一回東京国際版画ビエンナーレ出品。
1958年 1963年まで女子美術大学非常勤講師となる。
1961年 愛知県立美術館にて「駒井哲郎作品展」開催。
1962年 多摩美術大学非常勤講師となる。フィレンツェ美術アカデミ−の名誉会員となる。
1972年 東京芸術大学教授就任。
1976年 死去。享年56歳。「銅版画のマチエール」(美術出版社)刊行。

おすすめ商品