大森弘之 銅版画「Silhouette-3」*シート

6,600円(内税)

在庫状況 在庫 1

購入数

大森弘之 銅版画
「Silhouette-3」*シート

イメージサイズ:170×110mm
シートサイズ  : 320×250mm
技法:メゾチント
2020年制作
ed.50(お送りするエディションはおまかせ願います。)

*作品シートのみの価格です。
(作品のお届けは展覧会終了後、7月30日以降となります。)


第3回 ピュシス ウエスト 5人展
萌えいづる版画家たち 出品作品
2021年7月10日(土)〜7月24日(土)

自然を意味するギリシャ語「ピュシス」を展覧会名にしたこの展は、自然豊かな山形市にある東北芸術工科大学で版画を研鑽し卒業後も活躍している精鋭たちにより、今年で10回目を迎えました。展覧会は東京を出発して、今年は5会場を巡回しています。ピュシスウエスト展は大阪にて選抜形式でスタートしこのたび3回目の開催となります。作家たちは山形、茨城、北海道などに居住しその風土を感じながら 独創力溢れる清新な作品を出展致します。


大森 弘之 Hiroyuki Omori

略歴

1991 茨城県北茨城市生まれ

2014 東北芸術工科大学 版画コース 卒業

2016 東北芸術工科大学大学院 芸術文化専攻洋画研究領域修士課程 修了

所属 版画協会 準会員
東北芸術工科大学 副手(2019〜)

受賞
2015「CWAJ現代版画60周年記念大賞展」 審査員特別賞(猿渡紀代子氏選)
2016 2016CWAJヤングプリントメーカー賞(YPA賞)
「版画の彩展2015 第40回全国大学版画展」 町田市立国際版画美術館収蔵賞

出品
2012 CHITTO MOTTHE (Japoneaise Bakery &Café/アメリカ・ボストン)
2013 日本版画協会展 第81回版画展 (東京都美術館/東京) ※以降毎年出品
(第84回 賞候補/準会員推挙、第87回 賞候補)
2014 第12回版画大賞展 (浜松市美術館/静岡)
2015 国際青年版画交流展 (私立台南応用科技大学、国立台南生活美学館/台湾)
ピュシス 萌芽する版画家たち (養清堂画廊/東京) ※以降毎年出品
2016 中華民国第17回国際版画ビエンナーレ (国立台湾美術館/台湾)
日仏版画交流展「印象、Inshou、impressions cloisees」 (Gallery Manifestampe/フランス)
2017 版画展セレクション (Gallery NATSUKA/東京)
第10回高知国際版画トリエンナーレ (いの町紙の博物館/高知)
第61回CWAJ現代版画展 (ヒルサイドフォーラム/東京) ※以降第62,63回に出品
東北の蕾 ピュシスより (養清堂画廊/東京) ※以降掘↓犬暴佗
2018 WONDER SEEDS 2018 (トーキョーアーツアンドスペース本郷/東京)
SELECTED 3 (養清堂画廊/東京)
現代の精鋭メゾチント作家展 (平八郎ギャラリー/愛知)
THE FACTORY (GALLERY SHIMIZU/神奈川)
2019 ACT PRINT PROJECT 4 (The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
The Fifth International Mezzotint Festival (Ekaterinburg/ロシア)
6 Artist (養清堂画廊/東京)
2020 個展 (養清堂画廊/東京)
ACT PRINT PROJECT (アートコンプレックスセンター/東京)
個展 (平八郎ミュージアム / 愛知)
第2回 ピュシスウエスト 6人展(ワイアートギャラリー/大阪)
ACT小品展2020 (アートコンプレックスセンター/東京)
CWAJ OpenPrintArtGallery (オンライン/CWAJwebサイト)
日本現代版画アート展 (セルビアノビサドラビスタギャラリー/セルビア、ノヴィサド)
11月の記憶 (彩画堂2階ギャラリー/山形)


私は、人間の深いところ(核)に響き、時代を超えて
人々に「目には見えない普遍的な力の存在」が伝わる絵を描きたい。
銅版画技法のメゾチントで、そのビロードのような質感と
黒に特化した技法ゆえの強さを生かした絵を作ることを目指している。

レビューはありません。