高橋亜弓 わたしの心にふれて


高橋亜弓
Ayumi Takahashi

作家略歴
多摩美術大学版画科卒業
在学中より木版の油性凹版を用いる。
現在は木版を中心にドローイング、立体作品を制作。
2011年より東京他のギャラリーで個展、グループ展を多数開催。

賞歴
東京装画賞入選
鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展入選
飛騨高山現代木版ビエンナーレ入選
大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ入選
神奈川県在住

高橋亜弓さん
高橋 亜弓さん

昨年2020年のワイアートギャラリー個展会場にて


高橋亜弓展2021

|Y art 企画展|

透きとおる空間に棲む人々
第4回 高橋亜弓 作品展


2021年 6月2日(水)〜 6月12日(土)
11:00〜19:00(最終日は17:00迄) 日・月休廊

油性木版による凹凸版刷りを駆使して複雑に絡み合った人たちを描き出す高橋 亜弓さんの作品はその独自な美しさで注目され、関西では毎年、個展が開催されています。
描かれる人物達はみずみずしい色彩と透明感につつまれており、互いに奪い合う事もなく、
人たちは命の連鎖による永続性をあらわした理想的な存在として描かれています。
木版の木目の質感を生かす高度な技法の進歩がさらにひとつの特色と言えます。
版画作品の他、ドローイング作品も出展します。



高橋亜弓 言葉のない森で

「言葉のない森で」
油性木版(凹凸版) コラージュ 鉛筆
50×90cm 2021年


高橋亜弓 海から来た人

「海から来た人」
アクリル、水彩、鉛筆
28.5×38.5cm 2021年


高橋 亜弓

11商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
11商品 1-11表示
  • <
  • 1
  • >
11商品 1-11表示
  • < Prev
  • Next >
  • 林千絵コラムしおさい日記
  • 伊藤尚子のコラム