豊永 侑希

豊永 侑希/ Yuki Toyonaga

福岡県生まれ 武蔵野美術大学日本画科卒業。
オールドローズ愛好家、植物画家として本や雑誌で活動しながら
古典絵画技法を学ぶ。
透明水彩、テンペラ、混合技法、油彩、鉛筆画と作品の技法に
幅があるが、庭で育てた薔薇を中心に植物や少女、女性像を
組み合わせる作風は一貫しており、写実的でありながら幻想的で
古典への憧憬が感じられる。神話や本に題材を求めることも多い。
神話のように今も昔も変わらない、
人が人である限り変わらないない真実を追求している。    

主な展覧会
「少女たちの領域 ephemeral 2019」(みうらじろうギャラリー、東京、2019)
「霊性の人」(ワイアートギャラリー、大阪、2019)
「一点の表現展」(ギャラリーベルンアート、大阪、2020)
「六月の回廊展」(ギャラリーベルンアート、大阪、2020)
「浮生若夢」(みうらじろうギャラリー、東京、2020)
「sub rosa 豊永侑希・伊豫田晃一展」(ワイアートギャラリー、大阪、2020)
「パンドラの箱」(みうらじろうギャラリー、東京、2020)
「リルケに寄す」(silent music、東京、2021)グループ展多数
「Angelico -天使論- 伊豫田晃一・豊永侑希 ふたり展」(ワイアートギャラリー、大阪、2002)





A n g e l i c o ー天使論ー
伊豫田 晃一 ・豊永 侑希 ふたり展


会場:ワイアートギャラリー
2022.4.1(金)〜4.16(土)
11時〜19時 最終日は17時まで 日・月休廊

純粋で透明な光に満ちた静謐な世界をご高覧ねがいます。

出展作品はこちらよりご覧戴けます




豊永侑希 伊豫田晃一展 薔薇の下で

Sub rosa 薔薇の下で
豊永侑希 伊豫田晃一 展

2020年 11月10日(火)−21日(土)
11:00〜19:00
最終日は17:00まで
11月15日(日)・16(月)休廊

いにしえのギリシア時代から悠久の時を薔薇の花は人々とともにありました。
部屋に吊るされた一輪の薔薇の花、あるいは天井に描かれた薔薇の絵のもとでは、
ラテン語で “sub rosa”(スブ・ロサ) 薔薇の下での沈黙を表現し、
会話の秘密を守る事とされていました。
ともに薔薇の姿を通して奇想の物語を表現する画家の
静かな声でささやくようなことばをお聞きください。

豊永 侑希

11商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
11商品 1-11表示
  • <
  • 1
  • >
11商品 1-11表示
  • < Prev
  • Next >
  • 林千絵コラムしおさい日記
  • 伊藤尚子のコラム